日本の社会人は勉強しない?

大前研一さんのコメントですが、

また大学・大学院入学者に占める社会人の割合を見ると、OECD加盟国の平均が21%に対して日本はたった2%です。
 韓国でさえ10%です。英国は20%、米国23%、アイスランドは37%です。

 OECDの平均で見ても、大学や大学院への入学者のうち5人に1人は社会人なので、相当数の社会人が新しいスキルを勉強するために大学・大学院に戻ってくるわけですが、日本では「1度卒業したらそれで終わり」という人が圧倒的に多いのです。

という状況を述べています。

 

諸外国に比べて、日本の社会人は勉強しないと言われています。

社会人になって大学に行こうと考える人も少ないようです。

なぜ日本の社会人は勉強しないのか?

広告

おそらくですが、年功序列の終身雇用が原因だと思われます。

諸外国では、転職が盛んですので、良い就職先に就くためにまたは他社から来た人に負けないために常に競争に晒されています。

アメリカ人におけるMBA取得者の一番の目的は出世のためだと言われています。

お金を稼ぐためにMBAを取得する必要があるのです。

 

一方日本では、良い大学を出て良い企業に入れば、定年まである程度の保証が得られます。

ある意味、大学入学までがゴールとなってしまっています。

大学の学部は入学が難しいですが、卒業は比較的簡単ですしね。

私は社会人になって論文博士を取りましたが、給与は普通の昇級以外には変わっていません。

おそらく自分でMBAを取っても変わらないです。

転職すれば変わるのかもしれませんが、今の環境でも不満はないかなと考えてしまいます。

 

世界的に見ると何もしないということは停滞ではなく後退です。

30年から40年ある社会人生活で成長しないというのは残念ですよね。

 

今後はどうなるのか?

グローバル化が進む中で、今後は変わってくると思います。

例えば製薬企業は、研究者が博士号を取るケースも多く、MBA取得にも積極的です。

製薬企業は比較的お金持ち企業で余裕があるということも否めないです。

それ以上にグローバル化が進んでいる結果だと思います。

M&Aが積極的で、海外企業の市場進出にも晒されています。

危機感が高いゆえに積極的になっているのだと思います。一部のIT業界もそうですね。

これからの若い人たちは、終身雇用の概念を持たない世代かもしれません。

そうなれば彼らは諸外国同様に稼ぐために、学位を取得し高いモチベーションを持って学習してくると思います。

その上司になる私たちは、彼らとの競争に勝てるでしょうか?

 

社会人は学ぼうとしていないのか?

そんなことはなく、日本の社会人も学ぼうとしています。

本屋に行けば、英語のコーナーに人はいますし、4月になればNHKラジオの本が売れます。

自己啓発やビジネス本、MBA本も売れています。

それなのに続かない、身につかないのは環境の問題なのではないでしょうか?

社会人になると周りからできないと思われることに引け目を感じ、必要以上に恥じてしまう傾向があるかもしれません。

その逆で、周りの目は学習する中でプラスに働くものです。

年齢や地位、所属などは関係ありません。

ぜひ、外で学ぶことに挑戦してみませんか?

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です