論文博士の数はどれくらい? 論文博士の調べ方。

博士の中の論文博士の割合

広告

平成26年度の学校基本統計(文部科学省)で調べました。

文部科学省資料から引用

http://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2016/02/09/1366899_03.pdf

平成24年課程博士による学位授与者数は13,437人で、博士論文は2,465人となっており、約16%が論文博士となっています。

意外に多いイメージですか?

ちなみに平成3年では、課程博士が4,779人で論文博士が6,106人となっており、約56%が論文博士となっています。

ほんの20年前ですが、論文博士がかなり多かったんですね。もう一つわかることは、少子化が進んでいますが、やはり博士の数は増えているということです。ちなみに平成24年の論文博士の中で保健分野が52%程度です。保健分野に何がメインで含まれるかわかりますか?答えは医師(医学研究課)です。論文博士取得者の約半数は医者なんです。また人文が8%で、社会が7%です。文系は、博士を取ることが大変困難で課程の4年間で取れないことが多いと言われています。博士課程を満期退学して業績が出てから博士号を取得するケースが多いことから比較的人数が多くなっていると考えられます。

そんな中で技術系サラリーマンが多く該当する理学、工学、農学の論文博士取得者は少ないことがわかります。薬学は保健に含まれると思われます。

東京大学の状況

東京大学も論文博士のデータを開示しているので見てみたいと思います。このようなデータを開示しているのはさすが東大だと思います。貴重なデータです。

http://www.u-tokyo.ac.jp/stu04/e10_01_j.html

平成28年度の実績では、例えば工学は35人、理学は2人となっています。全員が企業ではなく、アカデミックや公的な研究機関の所属の方も含まれると思いますが、現在でも論文博士の制度は残っていることが確認できます。それでも人数はやはり少ないですね。

私自身、申請の前にこのページを最初見たときにとても少ないと実感しました。それでもまだ制度が残っていると確信し、母校の恩師に相談しました。私もある意味コネのようなものなのかもしれませんが、博士号取得を希望する皆様もチャンスを見つけて欲しいと思っています。もちろん社会人向けコースも有力な選択肢だと思います。

論文博士の調べ方

広告

では、ある大学で論文博士が取得している人がいるのか?またはどんな論文が出ているのか知りたいと思うことも多いと思います。ネットで調べる方法が多くの大学であります。

学術リポジトリと呼ばれるものです。リポジトリはIT用語で倉庫といった意味ですが、学術リポジトリは各大学の学術論文や教育資料などがデータベースとして保管され、公開されています。多くの大学では大学の図書館のサイトから確認できます。話は少し離れますが、博士号を取得した場合、取得した博士論文は課程博士、論文博士(乙)の何においてもこのリポジトリに登録され、公開されることが義務付けられています。また審査に関わった先生方や審査のコメントも公開されます。これにより、審査の透明性が高まってきています。このような公開システムにより、第三者からレベルの低い研究内容で学位を与えたと批判されないように、博士論文の質も高められると期待されています。

それでは東京大学をまた例にして見ていきましょう。

著作権の関係があるかもしれませんので図を使わずに文字だけで失礼いたします。

・東京大学 リポジトリなどで検索します。

・左側のリストにある「資料タイプ別 / 研究科・部局別」をクリック。

・下にスクロールして「021博士論文」をクリック。

・検索語に「乙」を入力し検索する。

 

検索ワードで「論文博士」としてしまうと博士論文なども引っかかってしまうので、

「乙」のワードで絞り込みます。

課程博士は甲123XXのような番号、論文博士は乙123XXのような番号がつくことを利用します。

乙のつく名前や研究テーマもノイズとして引っかかりますので、そちらは除外してください。

・続いてソート「学位記番号」、昇順で変更ボタンを押します。

そうすると最近の論文博士の博士論文(ややこしい 😈 )が調べられます。

これにより主査の先生が誰かなどもわかります。さらに裏技ですが、謝辞を見るとたいてい所属の関係者に感謝を示していますので、サラリーマンかアカデミックかもわかります。公開されているものですが、悪用はしないでくださいね。

大学によっては、論文博士と課程博士で選択でき、もっと簡単に調べられるところもありますし、乙作戦でも絞り込めない大学もあります。

広告

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です