ファイザーとノボノルディスクで2018年以降のリストラを発表

またまた海外製薬会社のリストラ情報です。

今回は、ファイザーとノボノルディスクです。

 

まずはファイザーです。

Drug giant Pfizer offers early retirement ahead of layoffs in memo to employees

https://www.cnbc.com/2018/10/17/pfizer-offers-early-retirement-ahead-of-layoffs-in-memo-to-employees.html

CNBCの記事によると

・アメリカの従業員を対象に、2019年初期に早期退職を受け付ける。

・従業員は9万人いるが、今回の対象人数は報告がされていない。

・事業部門や職種は限定されていない。

・2018年10月16日に内部で通知があり、公表はされていない。

ということです。

 

 

広告

 

つづいて、ノボノルディスクです。

Novo Nordisk lays off 400 staff in research & development unit

https://www.reuters.com/article/us-novo-nordisk-layoffs/novo-nordisk-lays-off-400-staff-in-research-development-unit-idUSKCN1LY1M3

ロイターによると

・デンマークと中国で人員削減を実施する。

・約400名を対象とする。

・研究開発職が該当。

・人員削減で浮いた分は革新技術への投資資金へ。

・人工知能や機械学習などデジタル技術による自動化による生産性向上を目指す。

とのことです。

もはや海外でも研究職に対する人員削減も加速しているようです。

 

さらに同じくロイターからですが、

Novo Nordisk to cut 250 jobs in the United States

https://www.reuters.com/article/us-novo-nordisk-layoffs/novo-nordisk-to-cut-250-jobs-in-the-united-states-idUSKCN1M81FA

・米国本社のバックオフィスからの退職者数は100人、残りの150人は糖尿病領域を対象

とのことです。

 

広告

 

 

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください