MBAは本当に自分にとって必要か?

2018年12月18日

MBAを取りたいなって思ってきました?

でもMBAを取る前に考えることがあります。

それはやっぱり、MBAを取る必要があるのかということです。

スポンサーリンク

MBAを取る理由は?

起業したい!

転職したい!

希望の部門に移りたい!

などいろいろな理由がありますよね。

他にも、今の会社を変えたいとか、経営力を鍛えたいとか。

またはもっと漠然としたものかもしれませんね。

本当にMBAが必要でしょうか?

MBAは学位です。資格ではありません。

起業するのに、MBAを取らなければいけない決まりもないですね。

例えば起業が目的だった場合、MBAなんて考えずに起業しちゃえばよくないですか?

転職が目的であれば、転職の行動を起こしてはいかがですか?

希望の部門に移りたければ、移りたいことを上司に相談してはどうですか?

会社を変えたければ、会社を変える行動を起こしましょう。

MBA取得には時間がかかります。

準備も含めれば、3年以上かかります。

若い頃の3年なんて貴重な時間ですよ。

起業したいと思っても、手遅れになるかもしれません。

MBAを取ったからといって、転職できるわけではないですし、企業に成功するとも限りません。

行動を起こした後で、必要であればMBAを取りましょう。

ビルゲイツもマークザッカーバーグ、ホリエモンも大学を最後まで在籍していません。

大学の途中で、やりたいことが見つかってそれに突き進んで、やりたいことをはじめています。

理系で修士を持っていたからといって

私は、博士号はなんちゃって取得(論文博士)ですが、修士号はきちんと課程で取っています(笑)

今の会社に新卒で入るときは、修士が必要条件だったので、役に立っています。

ですが、転職を考えた場合、研究者として実力があれば修士卒である必要はないです。

博士卒の縛りは多いですが。

ビジネスでもMBA取得者よりも、高卒でも経営の実力がある方が評価されますよね。

他の資格を取得する

中小企業診断士は、MBA学習者で取得しようと考える資格の一つです。

勉強時間もかなり必要で、難関資格の一つです。

MBAの学習意義

学習の意義を見いだすのは各個人ですが、それでもMBAを取る過程で得られるものは多くあると思います。

MBAは取ることが目的ではありません。

目的のためにMBAを取得するものです。

一番優先すべきは、行動ですよ!

「MBAを取ればなんとかなる」と思っている人は、MBAを取っても役に立ちませんよ。

スポンサーリンク