社会人がまずはじめに勉強すべきこと

日本の社会人は勉強しないと言われています。

 

過去の記事でも取り上げましたが、決して勉強しようとしていないのではなく、勉強する意欲は高いと思っています。

 

 

今回は社会人の勉強のはじめ方について考えてみたいと思います。

 

広告

 

英語はとりあえず勉強するな。

日本人の多くが、社会人として勉強すべきこととして英語を挙げると思います。

新入社員に対する訓示でも、多くの経営者が英語の勉強を勧めていますよね。

社内での昇進のハードルとしてTOEICの点数が設けられているところもあります。

そのせいか皆さん、英語を勉強しますよね。

しかしこれには何点か問題があると思います。

第一に英語が本当に必要な社会人は実はそれほど多くないということです。

日本企業の多くが内需を中心に動いていることもありますが、グローバルな企業でも英語を日常的に使用している人は少数なところもあります。

第二に英語の自己学習は効率が悪いです。

でも英語を使う社会人は英語を学ぶ必要がありますよね。

確かにその通りですが、英語が必要な業務は、日常的に英語に触れることになります。

英語で会議をし、日々e-mailを読み書きし、英語の報告書を作成するなど。

その過程を通して、いやでも英語力が身につきます。

一方で、英語を使用しない業務の場合、どうしても独学またはそれに近い形で英語を学ぶことになります。この場合は、アウトプットが少なくなり往往にして英語を使うことのゴールが高くなります。

自分の考えを伝えるというより、綺麗な英会話をすることや英語を字幕なしで見るなど漠然とした目標となり、学習を挫折してしまうことが多いですよね。

ということで、英語を学ぶことは大事ですが、英語だけにフォーカスするのではなく他の分野にも目を向けてほしいと思います。

英語の能力が長けているだけでは、アメリカの企業では活躍することはできませんからね!

 

広告

 

では何を勉強すべきか?

繰り返しになりますが、英語ネイティブのアメリカ人は社会人になって英語を勉強しようとは思わないですね!

では何を学習するか?

彼らは、ビジネスや専門科目を学びます。

日本では、社会人になって英語を勉強するので同じ勉強時間であっても、能力の差はどんどん離されてしまいます。

さらに日本人の勉強のピークはいつでしょうか?

おそらく大学受験ですよね。

勉強が嫌いな子が、微分積分なんて何に使うんだよ!と言ったりしますが、確かに日常的に直接扱うことは少ないかもしれませんね。同様に日本史が業務として直接関わることもあまりありませんよね。

これらの勉強は間違いなく重要なのですが、この時の知識だけで社会を生き抜くことは無理です。

専門を身につけるべき時期の大学でも勉強せず、社会人になっても勉強しないというのが現実ではないでしょうか。

これじゃ、外国人にかないっこないですよ。

OJTによってその会社での仕事は身につきますが、転職したらその知識や経験も活かせる部分は限定的になってしまいます。そんな点も日本で中途採用がうまくいかない原因なのかなとも思います。

 

長くなりましたが、社会人としてやはり英語だけでなくビジネス力を鍛える必要があるわけです。

それに加えて、自分の専門科目を深めることです。

・経営学

・マーケティング

・会計/財務

・統計学

・IT(情報処理)

・経済学

などなどがあげられると思います。

これらはまさにMBAで必要とされる能力です。

MBAを取ることが目的でなくても、MBAに入るためにまたは入学してから学ぶべき内容は、ビジネスとしての基礎知識だと思います。

 

 

資格勉強を上手に使おう!

全体を学習する 中小企業診断士

会計の基礎となる 簿記

ITの別境としての 基本・応用情報技術者試験、ITパスポート

ファイナンシャルプランナー

などなどもちろん英語のTOEICなど学習のペースとして使うことで学習効果を高めていってはいかがでしょう!

 

 

 

広告

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です