私立大学のこうりつ化

弊社でも最近になって、やれ残業を減らしましょうとか会議を短くしましょうだとか、業務の効率化というスローガンのもと行なっているわけです。

今回のテーマは私立大学のこうりつ化なのですが、この場合は「効率」ではなく「公立」です。

私立同士で統廃合はイメージがつきますが、公立化するってのは意外ですよね!

どんなケースになっているんでしょうか?

 

山口東京理科大学の場合を見てみましょう。

理科大というと、東京(千葉含む)にある東京理科大学が有名ですよね。

でもそれ以外のなんちゃら理科大学ってのは系列がよくわからなくなりますよね。

岡山理科大学:こちらは、東京理科大とは関係ないんですね、運営は「加計学園」です。

むしろニュースで有名ですね(笑)獣医学部の件です。

東京理科大学ですが山口に山口東京理科大学、長野に諏訪東京理科大学っていう系列校があります(ありました)。

理科大卒の友達に聞きましたが、山口も諏訪も交流はなく全く別の大学だということでした。そもそも「知らん」という人がほとんどらしいです。

逆に山口出身の友達に聞くと、理科大ってのは山口東京理科大のことだと思ってて、理科大卒って聞いてもあまり優秀とは思わなかったとも言ってました。

 

ということで、この山口東京理科大学は、理科大の強みも活かされずまたお世辞にも都会と言えない山口では、生徒も集まらず経営が困難になったわけです。

加えて、これから少子化を迎えるわけですから、東京理科大としてはこの大学をどうにかしたいと考えたわけです。

一番手っ取り早いのは、大学をなくす事かもしれませんね。ところが地元(山口県山陽小野田市)としては、若手の人口流出や飲食店や不動産業など産業の衰退につながるわけですから、はい無くしましょうとはならないわけです。

そこで、東京理科大と山陽小野田市で協議して、山陽小野田市立山口東京理科大学という名称の大変長〜い公立大学が出来上がったというわけです。

 

公立化のメリット

先のように、東京理科大学としては経営が難しくなっていた山口東京理科大学の運営から離れることができます。提携はある程度維持されるようです。

市としては、追加の費用は必要になりますが大学を維持することは可能になりました。建物や土地は

無償で寄付されたようです。

しかし一番恩恵を受けたのは、在校生や受験生だと思われます。私立の学費から国公立の費用体系になることで大幅に授業料が安くなります。

それに伴い、偏差値も効率化により10以上上がったようです。そうすれば倍率も上がり、さらに優秀な人材が入ってくるようになり、生徒を集めることができるようになります。

 

さらなる戦略

山口東京理科大学の公立化で面白い点は、さらに薬学部を新設したことです。2018年4月開校らしいです。

東京理科大学の薬学部は、共立薬科大学を取り込んだ慶応薬学部に抜かされはしましたが、私立大学の中では最上位校の一つです。理科大の経営を離れても薬学部の運営や教育のノウハウを提供できます。

薬学部は薬剤師という資格を取れるため就職に良いというイメージもあり、学生や保護者からの人気が高い学部です。さらに薬剤師教育が6年制となった為、学生を長期間囲い込めます。

そして山口県というのは、化学会社や製薬会社の工場が多数あり、産業界からのニーズも高いと言えそうです。

 

広告

 

広告

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください