今だから見直したい国内学会の英文誌

過去記事でも紹介しましたが、オープンアクセスの登場により

論文投稿費のインフレが止まりません。

例えば、Nature Communication では、

オープンアクセスだと60万円オーバーです。

そんな中で、日本の学会による英文誌は大変お得だと思います。

また、最近では

・国内の大規模臨床研究でも学会の英文雑誌に載せていこう!

・査読の際に引用を勧めよう!

といった動きによりインパクトファクターも上がってきています。

査読の状況を早めに把握できるといったことから博士論文の投稿先としても使いやすいですね。

Cancer Science

学会名: 日本癌学会

雑誌名: Cancer Science (オープンアクセス)

投稿費: $878(コレスポが癌学会員)

インパクトファクター: 4.374

The Journal of Biochemistry

学会名: 日本生化学会

雑誌名: The Journal of Biochemistry (JB)

投稿費:

インパクトファクター: 2.350

Circulation Journal

学会名: 日本循環器学会

雑誌名: Circulation Journal

投稿費: ¥100,000

インパクトファクター: 2.895

採択率: 25%

Circulation Reports

2019年1月から創刊

学会名: 日本循環器学会

雑誌名: Circulation Reports (オープンアクセス)

投稿費: ¥150,000

インパクトファクター: 未

採択率: -

Journal of Gastroenterology

学会名: 日本消化器学会

雑誌名: Journal of Gastroenterology

インパクトファクター: 5.561

採択率: -

2007年度でIFが2前後であったのが年々高くなってますね。

Internal Medicine

学会名: 日本内科学会

雑誌名: Internal Medicine

インパクトファクター: 0.817

投稿費: $300 (学会員以外の場合)

採択率: -

Bulletin Of The Chemical Society Of Japan

学会名: 日本化学会

雑誌名: Bulletin Of The Chemical Society Of Japan

インパクトファクター: 3.526

投稿費: 15万円(オープンアクセスを選択の場合)

採択率: 48.4%

Chemistry Letters

学会名: 日本化学会

雑誌名: Chemistry Letters

インパクトファクター: 1.625

投稿費: 7.5万円(オープンアクセスを選択の場合)

採択率: 45.3%

Genes to Cells

学会名: 日本分子生物学会

雑誌名: Genes to Cells

インパクトファクター: 2.048

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください