海外のMBAを日本で取る手段③ 英国国立ウェールズ大学 &お勧めしない理由 

今回紹介するのは英国国立ウェールズ大学と提携しているMBAプログラムです。

イギリスのウェールズ大学(The University of Wales) は、王室のチャールズ皇太子が総長を務める伝統校です。

最初に言っておきますが、私はこのプログラムをお勧めしません。

ヒューマンアカデミービジネススクールMBAプログラム・英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA(日本語)プログラム

http://habs.athuman.com/lp/

広告

特徴

ヒューマンアカデミービジネススクールという日本の団体が、英国国立ウェールズ大学と提携し、日本国内でウェールズ大学のMBAが習得可能なプログラムとなっています。

 

山本○ナさんが卒業したことでも、有名です。

彼女のブログ等では、いかにもイギリスの大学を卒業したかのような描かれ方も一部ありますが、提携している日本のプログラムで取得したというのが正しい表現かもしれません。

プログラムの名称の中に(日本語)という表記があるようにこのプログラムは日本語によって実施されます。このことからもウェールズ大学の教師陣による講義はないと考えても良いかと思います。

 

履修形式

オンラインではなく、土曜日のスクーリングとなります。場所は東京の場合は新宿で、新宿三丁目駅が最寄駅となります。

1年目に必修講義、2年目前期に選択講義で構成されます。土曜日1日しかありませんので、在宅ワークなる課題で学習時間を補う形のようです。また定期試験もあることが特徴的です。

2年が基本のスタイルですが、最長5年間の在籍が可能なようです。

オンラインではありませんので、グループワークもあり、つながりを持つことが可能です。

語学力

全て日本語のプログラムです。英語の語学力は必要ないと思われます。

MBAを学びながら英語を使っていきたい場合には、選択肢にならないかと思います。

 

費用

ホームページ上での記載はありません。

情報を得るためには説明会や資料請求が必須なのでしょうか?

こういう情報が載ってないと不信感を持ってしまいますよね。

今度資料請求をしてみようと思います。

受講条件

ホームページ上での記載はありません。

 

認証

英国高等教育保障機構(QAA)の教育品質が得られているようです。

これは、本国のウェールズ大学が得ている認証なのでしょうか?日本語のプログラムについては何もないと思います。

まとめ

 

正直言って、このプログラムはあまりお勧めしません。

まず、全て日本語の授業だけで海外のMBAを取るという点が理解できません。百歩譲って日本語の授業であっても本国の授業を通訳するなどの工夫が必要ではないでしょうか?

ウェールズ大学の良さがどのように活かせているのか疑問が残ります。

これでは完全にヒューマンアカデミービジネススクールのMBAと考えるほかないと思います。

もし違うのであれば、その情報を公開すべきだと思います。

あまりにも肝心な情報が開示されていません。

授業の内容に関しては、受けていないのでわかりません。もちろん素晴らしい授業の可能性もあると思います。

ですが、土曜の数時間だけでMBAが取れるというのは授業時間が少なすぎではないでしょうか?

MBAを取ることが目的ではなく、取得を通して知識を身につけることにもう少し重きを置いてほしいものです。

広告

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です