海外のMBAを日本で取る手段③ 英国国立ウェールズ大学

今回紹介するのは英国国立ウェールズ大学と提携しているMBAプログラムです。

イギリスのウェールズ大学(The University of Wales) は、王室のチャールズ皇太子が総長を務める伝統校です。

最初に言っておきますが、私はこのプログラムをお勧めしません。

ヒューマンアカデミービジネススクールMBAプログラム・英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA(日本語)プログラム

http://habs.athuman.com/lp/

[ad#co-1]

特徴

ヒューマンアカデミービジネススクールという日本の団体が、英国国立ウェールズ大学と提携し、日本国内でウェールズ大学のMBAが習得可能なプログラムとなっています。

 

山本○ナさんが卒業したことでも、有名です。

彼女のブログ等では、いかにもイギリスの大学を卒業したかのような描かれ方も一部ありますが、提携している日本のプログラムで取得したというのが正しい表現かもしれません。

プログラムの名称の中に(日本語)という表記があるようにこのプログラムは日本語によって実施されます。このことからもウェールズ大学の教師陣による講義はないと考えても良いかと思います。

 

履修形式

オンラインではなく、土曜日のスクーリングとなります。場所は東京の場合は新宿で、新宿三丁目駅が最寄駅となります。

1年目に必修講義、2年目前期に選択講義で構成されます。土曜日1日しかありませんので、在宅ワークなる課題で学習時間を補う形のようです。また定期試験もあることが特徴的です。

2年が基本のスタイルですが、最長5年間の在籍が可能なようです。

オンラインではありませんので、グループワークもあり、つながりを持つことが可能です。

語学力

全て日本語のプログラムです。英語の語学力は必要ないと思われます。

MBAを学びながら英語を使っていきたい場合には、選択肢にならないかと思います。

 

費用

ホームページ上での記載はありません。

情報を得るためには説明会や資料請求が必須なのでしょうか?

こういう情報が載ってないと不信感を持ってしまいますよね。

今度資料請求をしてみようと思います。→してみました。

 

受講条件

ホームページ上での記載はありません。

 

認証

英国高等教育保障機構(QAA)の教育品質が得られているようです。

これは、本国のウェールズ大学が得ている認証なのでしょうか?日本語のプログラムについては何もないと思います。

 

まとめ

 

正直言って、このプログラムはあまりお勧めしません。

まず、全て日本語の授業だけで海外のMBAを取るという点が理解できません。百歩譲って日本語の授業であっても本国の授業を通訳するなどの工夫が必要ではないでしょうか?

ウェールズ大学の良さがどのように活かせているのか疑問が残ります。

これでは完全にヒューマンアカデミービジネススクールのMBAと考えるほかないと思います。

もし違うのであれば、その情報を公開すべきだと思います。

あまりにも肝心な情報が開示されていません。

授業の内容に関しては、受けていないのでわかりません。もちろん素晴らしい授業の可能性もあると思います。

ですが、土曜の数時間だけでMBAが取れるというのは授業時間が少なすぎではないでしょうか?

MBAを取ることが目的ではなく、取得を通して知識を身につけることにもう少し重きを置いてほしいものです。

そんなんで、資料請求をしてみました。

 

応募資格

・学士号以上の学位取得者

・3年以上の実務経験者

ということで、卒業直後では応募できません。

 

学士号未取得者の場合は審査になるようです。

その場合は以下の条件となることです。

・6年以上の実務経験かつ2年以上の管理職相当の経験です。

大企業に勤めていた場合は、結構年配になりそうですね。

高卒で管理職というと主任とか、係長とか、班長とかそういう役職何でしょうかね?

 

募集定員

1期間で20名です。

資料請求時は、10月入学の案内でした。4月入学やその他があるのかは不明です。

意外に少ないかな?

そんな応募もないのでしょうか?

ここら辺はわかりません。

 

取得学位

Master of Business Administration (MBA) です。

さらに、専攻コースを修了した場合は、

Master of Business Administration in Management of Technology and Innovation (技術経営)

Master of Business Administration in Financial Management  (ファイナンス)

が得られるとのことです。

 

申請書類

推薦書2通が必要なようです。和文と英文です。

1通は職務上関係のある人ということで、上司などの推薦が必要かもしれません。

なにげに、ハードルが高いかも。

フリーランスだとどうしますかね?

その他は、英文の成績証明書なども必要です。

申請書類は、資料請求書類の中には無く、追加で問い合わせが必要です。

 

学費

標準修業年限だと

¥2,975,400

です。

他の海外MBAを日本で取得するプログラムと大きく変わりません。

 

やっぱり、これくらいの情報は、Webに開示すべきだと思いますね。

 

[ad#co-1]

 

修士学位論文

最後の6ヶ月で、修士論文を書く必要があります。

 

履修スタイル

スクーリング

毎週土曜日に1講義科目について3時間のスクーリング。

理論的フレームワークの講義とケーススタディなど。

 

グループワーク

スクーリング以外の時も実施。

必要に応じて平日夜間にも教室を解放。

 

課題(在宅ワーク)

個人課題とグループ課題

 

定期試験

書く講義最終日に定期試験実施。

各科目3時間、記述式。

 

講義科目

必修講義科目

MBA及び専門MBAに共通する必修講義科目

8講義

専攻講義科目・選択講義科目

MBAは、4〜6科目を選択。

専門MBAは、各講義科目3科目と他専攻科目及び選択科目の中から1〜3科目。

 

特徴

毎週土曜日にスクーリング実施。平日は在宅ワーク。

授業はすべて日本語で実施。

 

本内容は、2017年7月の資料に基づきます。

東京校の内容でそれ以外の状況は確認できませんでした。

もっと詳しく知りたい方は、資料請求を実施し、個別相談や説明会に参加する必要があります。

私は、ここから先の説明会等は受けるつもりはないので、情報はここまでです。

送付されたパンフレットはこれ以外の情報も載っています。

[ad#co-1]

 

[ad#co-1]
スポンサードリンク

“海外のMBAを日本で取る手段③ 英国国立ウェールズ大学” への7件のフィードバック

  1. やばーい より:

    この学校でのMBA取得者です。
    ひどいですね、この見解 笑笑笑笑笑笑笑笑

    論文博士を本当に取得されたのでしょうか?
    もう少しまともに調べられてはいかがですか?博士 笑笑笑笑

    • Jyaimix より:

      コメントありがとうございます。
      資料請求もいたしましたが、どうにも情報が得られない状況です。
      もしよろしければ、経験談やよかった点などコメント頂けると幸いです。

      • 匿名希望 より:

        当方もここの修了者です。
        実際に個別相談に行かれることが一番貴殿が納得できる情報が得られる方法と思います。
        その際にここに記載されている批判的な内容や疑問に考えていることを直接ぶつけてみてください。
        結構しっかりした回答が得られると思います。
        当方から1つ言えることは、貴殿が言及している以上にしっかりしたプログラムかと思います。詳細がお分かりでないようなので、誤認されている点も多々あると思います。
        あとは、「修了生」という観点からの回答をご希望なら質問内容を箇条書きにしてお知らせください。
        できうる限りお答えしたいと思います。

  2. ららら より:

    通りすがりのものです。実は私も日本校のウェブサイトを拝見してすごく不信に感じました。世界的にこの”日本校”がどのように評価されているかわかりませんが、しかし、やばーいさんや匿名希望さんのメッセージは、いささか論点がずれているかと思います。
    ブログさんは、
    「MBAを学びながら英語を使っていきたい場合には、選択肢にならない」と述べています。
    すべて日本語で授業が行われる、とありますから、現地留学の英語授業とは全く違います、反論の余地なしでしょう。
    「ウェールズ大学の良さがどのように活かせているのか疑問が残ります。・・・あまりにも肝心な情報が開示されていません。・・・もちろん素晴らしい授業の可能性もあると思います。」
    ホームページに情報開示なし、ですからそうした疑問を与える余地を否定しきれないでしょう。授業料をウェブサイトで開示しない姿勢にも疑問が残ります。資料請求や説明会への参加誘導?

    「ひどいですね、この見解 笑笑笑笑笑笑笑笑、論文博士を本当に取得されたのでしょうか?」
    意味のないコメントだと思います。

    充実したプログラムか否かは個人的見解が分かれるでしょう。
    ブログさんは、ウェブサイトを見た感想を述べて、あくまで私なら進めないと言っているまでです。他人が誰に対してお薦めるか否か、否定することはできません。

    • Jyaimix より:

      コメントありがとうございます。
      また、サポーティブなご意見もありがとうございます。
      この記事を書いた際に調べてもあまりに何も情報がなかったため、少し挑発的なタイトルになっています。
      現在でもホームページを見る限りやはり学費などは載っていないようですね。

    • 匿名希望 より:

      完全否定はしないが「胡散臭い」ということですね。
      貴殿の指摘点は確かに当プログラムの日本語で学位を取得するというMBAの一般論からは「齟齬」があるというのは否めない点です。しかしながら、使用言語に関しては、「後付け」でもMBA=使用言語英語の「補完」に十分なりうると認識しています。
      例えば「MBA日本語+CEFR:C1-2(IELTS 7.5)」の場合です。これは当方のスペックですが、US/UKのDBAの Admission Requirementにも十分耐えうるものです。また下手な州立のUSMBA修了者より市場評価は高く、更に英国本国の統計上の話ですが、ネイティブが英語で受講していても、ドロップアウトする率が高いのも事実としてあります。したがって、「MBAを修了する」という目的に至って使用する言語の違いだけをもって「英語でないと選択肢にならない」とか「全くの別物」と断言するというのは乱暴な見識かと思います。本質はツールである英語ではなく、MBAというプロセスいわば職業訓練で基礎的な経営者知識を効率よく習得することに重きを置くことだと思います。

      一方、貴殿もコメ主も当プログラムは英国本校のものとは別物の「日本校」という概念をお持ちのようですが、英国MBAにそのような概念は存在しません。MBAは「経営学管理」とも定義されています。つまり、本校で行われているプラットフォーム等をそのまま「輸入」しているということです。なので、余計に使用言語の齟齬が強調されるわけでもありますが・・・。
      ウェールズHP自体にも「日本校」や「分校」などの文言や定義が一切使用されていないことを
      よくご確認いただきたいと思います。その裏づけとして、ウェールズとテンプルやマギルとの違いを正確に認識できていれば、コメ主の本文や上記のようなコメントには至らないと思います。

      貴殿もコメ主も懸念されている不透明な情報開示が不信を買っている旨、機会があれば一意見として進言してみたいと思います。

  3. ひさゆき より:

    みなさんのご意見参考にさせて頂きました。どうもです。

    チャールズ総長ってことは、日本で言えば平成現在、徳仁親王総長になりますね。

    ところどころ考えると資料請求まで調べることはなさそうです。

    日本で日本語知識のMBAを取ることって、雇用やキャリアの面から価値に変わりにくいと私は思います。
    放送大学MBA版ってイメージですね。

    総括すると、こういう門がいくらかあるのはいいことだと思います。
    イギリス側からみたらどうなのか気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください