中卒の父親から学んだ転職のタイミング

タイトルの通りで私の父親は中卒です。

母親も高卒ですし、学歴でいえばだいぶ追い抜きましたね〜。

私もなんちゃって博士ですからだいぶ前にあっさり超えました。

そんな父親も今年で73歳ですが、まだ現役で働いています。

あ、経営者では無いですよ。

15で勤めて、73ですから58年勤務ですか?

絶対に追い抜けません!

戦後すぐの産まれなので、勉強どころではなかったのでしょう。

子供の自分からみても地頭力はありますし、現代の同じ土俵では余裕で負けます。

広告

 

転職のタイミング

そんな父親ですが、55歳くらいの時にリストラのような形で一度退職しています。

私が高校のときだったので、進学できるかめちゃめちゃ不安でしたねー。

でも、そこで辞めたから今も働けているようです。

父親はそこから、以前より小さい規模の外資系(有名なカッコイイ外資って感じじゃないです)に転職し、途中からコンサルというか派遣というかな感じで働いています。

もし転職していなければ、60で定年になり、せいぜい良くて給与の安い再雇用をしてたでしょう。

シルバー人材として働いていたかもしれません。

いずれにせよ、今よりも豊かでない生活を送って居た可能性が高いです。

退職時に家のローンを払い終え、余剰資金で不動産投資まで当時しています。

転んでもタダでは起きませんね〜。

そのまま勤めて居ても家のローンを払ったり、息子である私の養育費が圧迫していたはずです。

 

今、平均寿命は伸びまくっています。男でも80くらい生きます。

その一方で、企業の定年は60です。

再雇用もありますが、多くの場合、アルバイトの方がマシなレベルです。

経営陣になれなければ、50くらいでピークを迎えます。

そこから死ぬまでに30年もあるんですよ!

長生きは最大のリスクです。

特に健康寿命と死の寿命の期間が伸びてしまっており、老後の不安の一因となっています。

今後はなるべく長く働くことが第一選択肢になってくる時代になります。

 

ということで、私は45から50の間に出世の道が見込めないと感じたら、転職すべきだと考えています。

転職を考えた場合は、目の前ではなく、60以降のことも考えて考えるべきです。

事前に目標を定めておかないと、再就職なんてできません。

その年代で良い求人なんて当たり前ですがほとんど出ませんよ。

会社から振り落とされる前に自分から動くんですよ。

その時に戦えるのは、社内でちやほやされた人ではありません。

外の世界を知ってる経験豊かな人間です。

MBAや学位もそんなときに力を貸してくれるための投資だと考えています。

とりあえず、35過ぎたら、転職の勉強もしておいて損はないと思います。

する気は無くても転職サイトに登録しておき、ヘッドハンティングを待つのもいいかもしれません!

転職は追い込まれてするもんじゃないです。影で長期間かけて取り組むものですよ。

本業をしっかり取り組むことはもちろん、社外のつながりを作っていきましょう。

今後は、一度は転職をするのが当たり前の時代になると思います。

 

広告

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です