社会人が企業に勤めながら博士号を取得する

企業における博士号取得者

日本の理系企業では研究職の多くが、修士課程を修了した新卒採用者となっています。

一方、アメリカでは研究職は企業やアカデミック(大学や公的な研究所)に関わらず博士取得者が多くを占めています。

今後の動きとしては、グローバリゼーションが進むことで日本の企業に関しても研究職は博士号取得者が多数を占める時代になってくると考えられます。

世界では、博士号を持った研究者がスタンダードだからです。

広告

日本であればそれでも修士卒でやっていけると期待したいところではありますが、もし日本での研究競争力が低下すれば海外に研究所を構えるということになるかもしれません。

10年後博士取得者が多数を占める環境に変化した場合、我々世代の修士卒と新世代の博士卒は対等に扱ってもらえるのでしょうか?

もし、あなたが企業に勤める中で研究職からマネージメントが中心の管理職に移行していくならばそれほど危機感を持たなくても良いかもしれません。

一方で、研究者としてキャリアを考えているのであれば、部下がほとんど博士取得者となる状況に危機感を感じていただけるかと思います。

少しでも危機感を感じた皆様には、博士号取得に向けてチャレンジすることをオススメします。

私は就職後に危機感を持ち、また目標として博士を取りたいと考え、働きながら博士号を取得しました。

論文博士として申請できたことは幸運なことでしたが、課程博士でも論文博士でも働きながら学位を得ることは大変なことです。それでも博士号を取る価値は十分にあると実感しています。

私の体験を通して、学位取得のサポートができればと考えております。

 

博士号はチャンスを広げ、多くの選択肢を与えてくれる

企業に就職し、定年まで勤め上げることはとても幸せなことです。

社長にだってなれるかもしれません。

しかしながら、それ以上に幸せなことは常にたくさんの選択肢を持てることだと思います。

定年まで勤め上げたとしても、たくさんの選択肢の中から辞めないことを選択し続けたこと、または辞めないように会社にしがみつくことは全くの別物です。

研究者や技術者にとって学位を取ることでたくさんの選択肢を得ることができます。

一つの企業で研究者として全うすること、

転職して新たな研究者としてスタートすること、

思い切ってアカデミックの研究者や先生になること、

企業で研究者から企画などに異動すること。

アカデミックへの転向などは博士号がなければ決してできないことです。

さらに企業で勤めていたことは大きな長所になることさえあります。

サラリーマンであっても博士を取得することでキャリアの可能性を広げることができるのです。

広告

博士号は自分から動かなければ取得できない

頑張っている研究者は会社の方針で博士号を取らせる習慣があったということを聞いたことがあります。

今でも一部の企業では、会社の人事で大学や研究所に博士号を取らせるために出向させるところはあるようです。

(大変羨ましいです!)

ところが多くの企業では、少数精鋭、省力化の名の下に送り出す余裕がないところがほとんどです。(学位を取らせた人がすぐに辞めていくという背景もあるようです…)

したがって、待っていても会社や上司から「学位取ってみたら?」という声を待っててはいけません。

そんな声は全くないかもしれません。

自分で情報を収集し、自分から行動しなければならないのです。

大変な道のりですが、ぜひ動き始めてください。

 

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です