博士のコホート研究・「博士人材追跡調査」

コホート研究とは、主に医学の疫学研究で用いられる手法で、ある集団に対して健康状態や環境を一定期間追跡調査して、その後の結果に対して要因を調べる研究です。

例えば、喫煙と肺がんに関して、

喫煙者の集団と禁煙者の集団を若いうち(健康な状態)から調べて行って、二十年後にどちらの集団が肺がんになったかというものを調査して、喫煙とガンの因果関係を調べる

といったものです。

 

今回、博士号取得者のコホート研究のようなものが発表されました。

 

科学技術・学術政策研究所「博士人材追跡調査」第2次報告書(速報版)の公表について

平成29年8月24日

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では2016年11月に「博士人材追跡調査」を実施いたしました。 調査結果を取りまとめ、「博士人材追跡調査」第2次報告書(速報版)を作成いたしました。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/08/1394201.htm

 

[ad#co-1]

 

中身を見ていきましょう。

http://www.nistep.go.jp/wp/wp-content/uploads/NISTEP_jd-pro2016_flash_pressJ.pdf

 

背景

毎年15,000人程度が大学院博士課程を修了し、科学技術イノベーショ ンの重要な担い手として広く社会で活躍しています。しかし近年、研究における競争 的環境の激化や雇用情勢等の影響により、専門性を生かしたキャリアの構築が困難で あることが問題となっています。

そのため、文部科学省 科学技術・学術政策研究所(所長:加藤 重治)では、博士 課程を修了した者を対象にした「博士人材追跡調査」(JD-Pro:Japan Doctoral Human Resource Profiling)を平成 26 年に開始し、この結果は「『博士人材追跡調査』 第 1 次報告書」NISTEP REPORT No.165(平成 27 年 11 月)としてまとめています。今回は、 この継続調査として平成 28 年 11 月に実施した調査の結果を「『博士人材追跡調査』第 2 次報告書(速報版)」として公表します。速報版では、大学院博士課程への進学理由 と満足度、現在の雇用状況、博士人材の地域間移動等について調査結果を報告してい ます。

主にポスドク問題に代表される博士号取得後のキャリアパスの研究の報告です。

平成 28 年 11 月に実施した調査は、以下の 2 つです。
A)2012 年コホート *3.5 年後調査
2012 年度に博士課程を修了した者への 2 回目の調査で、修了 3 年半後の状況を調べてい ます。
B)2015 年コホート 0.5 年後調査
2015 年度に博士課程を修了した者への 1 回目の調査で、博士課程の状況や、修了半年後 の状況を調べています。

比較的中期(修了後3.5年)と短期(修了後半年)の結果となります。

 

1. 博士課程への進学理由と満足度

2015 年コホートの進学理由を見ると、課程学生では「研究したい課題や問題意識があ った」、「研究することに興味・関心があった」が相対的に多くなっています。企業等に 在籍(休職含む)しながら博士課程に進学した社会人学生では「雇用先で勧められた、ま たは雇用先で学位が必要だった」、外国人学生では「フェローシップ等が得られた」とい った理由が突出しています。博士課程満足度は、外国人学生>社会人学生>課 程学生、の順で高くなっています。

社会人博士が課程博士より博士に対する満足度が高い結果となっています。

課程博士の方は、進学に当たって研究ありきで進学した様子が感じられます。

社会人は研究内容よりも博士をとることのモチベーションが高いためギャップが少ないのかもしれません。

それより特筆すべきは外国人学生ですね。モチベーションの高さが伺えます。

博士に進学する理由も、

大学教員や研究者になるために必須だった

博士号を取れば、良い仕事や良い収入が期待できる

という内容が高く、海外(アジアの方が多いと思いますが)では博士号により優位なポジションを得られることが伺えます。

 

5. アカデミアでの就業状況

2015 年コホートの 0.5 年後にアカデミアに雇用されている者の内、ポスドクは 27.8%、 助教は 24.1%で合わせて全体の半数以上を占めています。

研究助手などに5.5%、その他6.9%などもあります。

この時点でポスドクを選ぶのは普通のことなので、27.8%が高いというわけではないです。

ポスドク問題は、キャリアを重ねてもポスドクから抜け出せないこと、ポスドクの待遇が低いことなどが問題です。

2012 年コホート 3.5 年後調査では、アカデミアで雇用されている任期制の者に、今後 のキャリア展望を尋ねています。全体で 56.3%が「大学や研究機関で、研究者として安 定的なポジションを得たい」と答えていますが、年齢が高い者ほどアカデミアや研究者 にこだわらず、「研究経験が活かせる仕事に就きたい」という展望を持つ者の比率が高 くなっています。

若い頃は、アカデミックでキャリアアップしたいという思いが強い反面、経験を重ねた時に視野が広まっていくようです。逆に企業としては、年齢を経ると転職のハードルが上がるというギャップが生じています。

 

6. 博士課程修了者の所得変化

2012 年コホートの 1.5 年後から 3.5 年後の 2 年間の間に、所得階級は全体的に高くな っており、どの分野でも年間所得 500 万円前後の者が最も多い状況となっています。し かし保健系では 1000 万円前後にもピークのある二峰性分布となっています。また、人 文・社会科学系では 200 万円前後にもピークがある二峰性分布へと変化しています(図 表 6-1)。

博士号取得者には、医師なども含まれるため高所得の領域にピークが出ます。

これらの年収を比較的高いと見るか安すぎると見るか、どうですかね。

 

7. 社会人の雇用先機関の移動

博士課程入学以前に社会人経験のある者の比率は 2000 年代から急増しており、2016 年度には 4 割を超えています。2015 年コホートでは、進学前の雇用先は民間企業が最も 多く 37.6%ですが、博士課程を経た現在の雇用先は大学等が 52.3%となっています(図 表 7-1)。

全体の4割が社会人経験者ということです。

かなりの割合ですね!

そして博士をとった人の多くが企業から大学に移っていることがわかりますね。

思ったより大きく動いています。

大学の職に就くために進学する人も多いのかもしれません。

セクター間の動きを分野別で見ると、保健系を除く全ての分野で、雇用先機関の構成 が大きく変化していますが、特に人文系で大学等での雇用が大きく増えており、現在 7 割近くが大学等に雇用されています(図表 7-2)。

文系の方がアカデミックへの転進が多いですね。

でも工学でもかなり移っています。

大学も社会人経験者を雇用する需要はあると思われます。

 

社会人にとって博士課程修了や博士号取得のメリット

社会人にとって博士課程修了や博士号取得のメリットは、「仕事における信頼が高ま った」、「仕事の幅が広がった」という回答が 3 割以上、「新しい仕事に就くことがで きた」、「昇進昇給(または期待される)」という実利的な回答も 2 割程度あります。 一方で「特に影響はない」と言う回答も 3 割程度あります(図表 7-3)。

 

転職のために、博士課程へ進学した方もかなりいると思われます。

同じ会社での昇進目的もありますね。

一方で、特に影響がない方も3割います。私もこの選択肢かな(笑

他にも「博士人材追跡調査」では色々なデータを示していますので、ぜひ参考にして見てください。

 

[ad#co-1]
[ad#co-1]

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください